つわりといっても色々な種類があるのです!

突然「うっ!」と気持ち悪くなり、洗面所に駆け込んで妊娠に気づく。ドラマなどによくある妊娠発覚のシーンですね。 これは典型的な「吐きづわり」の症状ですが、つわりにはこのような症状以外にもたくさんの種類があります。その中でどのような症状が出るかは人によって違いますし、また同じ人でも妊娠ごとにつわりの種類が変わるという話もよく聞きます。 また、その症状が出る程度も全くと言っていいほど感じない人もいれ

続きを読む

葉酸にはつわりを軽減する効果あるの?

葉酸には、お腹の赤ちゃんに対する先天性異常が発生するリスクを下げる効果があると言われています。 この葉酸は赤ちゃんがお腹の中で、細胞分裂をする際に必要とするものであり、DNAを構成するためにもとても密接に関係しているのです。葉酸にはそれ以外にも、つわりを軽減する効果も期待出来ると言われています。 個人差がありますが妊娠6週目頃から7週目頃になると妊婦さんにとってとてもつらいつわりが現れるため、

続きを読む

妊娠線クリームがあまっちゃった?あまった妊娠線クリームを有効活用する方法!(ボディクリームや赤ちゃんのスキンケアに使うなど)

妊娠線クリームは普通に使っていても余ってしまうこともあります。たっぷり使って赤ちゃんが出てくるまでに使い切る、というのも方法ですが、赤ちゃんが思ったよりも早く産まれてきたりして、その後に使わなくなってしまうのです。高額な商品なら高かったのに、と残念に思うことも出てきます。 ただ、妊娠線クリームは妊娠線予防だけではなく、いろいろな用途に使うことができます。保湿成分が高く肌に優しいクリームですから、

続きを読む

妊娠中のお腹の出方で性別判断できる!?

妊娠中に気になるのがやっぱり赤ちゃんの性別ですよね。病院では検診の際にエコーでわかりますが、待ちきれないという方も多いのではないでしょうか。 そこで、妊娠中のお腹の出方で簡単に性別判断できる方法を紹介します。 病院で性別がわかる時期 赤ちゃんの性別は受精するときに決まり、1度決まるとその後変化することはありません。性別を確認できる時期は、14~16週ごろからです。 妊娠7週ごろまでは見た目

続きを読む

妊娠後性別がわかったらやることって?

妊娠後、赤ちゃんの性別は気になりますよね。生まれてきたときのお楽しみと考えてあえて質問しない人もいらっしゃるでしょうが、病院の先生にきけばエコーを見ながら教えてもらえます。 性別が分かることで何か特にしておくことはあるのでしょうか。 まずは名前を考えてみよう! 性別が分かったら、まず考えたいのは赤ちゃんの名前です。親から一文字とるとか、画数にこだわるとか、こういう名前にしたいというようにある

続きを読む

妊娠中は日焼けにも要注意!

妊娠中でも外に出かけることはあります。買い物や体調が良い時は、レジャーに出ることもあるでしょう。そんな時に気をつけたいのが日焼けです。 最近では過度の日焼けは良くないと言われるようになっていますから、普段から日焼け止めを塗ってケアしている人がほとんどです。日焼け止めもいろんな種類が出ており、「絶対焼かない人のために」というような日焼け止めもあって、安心して出かけられそうですね。 ホルモンバラ

続きを読む

妊娠中は赤ちゃんの分まで食べた方が良いはウソ!

妊娠したら、周囲の人達から「お腹の赤ちゃんの分まで食べなきゃだめよ」と言われるようになりますよね。もう一人の命を宿しているのですから、お母さん自身もそう思ってしまいがちです。そして、ついつい食べ過ぎてしまう傾向にあります。 昔は確かにそのように言われていて、お母さんは一生懸命食べていました。しかし、今と昔では食生活が随分と違います。昔は栄養状態も良くありませんでした。 ところが今はどうでしょう

続きを読む

妊娠線クリームが余ったときの活用法!

妊娠した時に、いろんな妊婦グッズや育児グッズをまとめて購入することがあると思います。お腹が大きくなってからは、買い物に出るのも大変ですからね。妊婦グッズで必ず買っておきたいのが、妊娠線予防クリームです。 妊娠線ができてから使ったら良いのではないの?という人もいるようですが、できてしまってからでは遅いですよ。妊娠線予防クリームなのですから、できる前から使って予防しなければいけません。お腹が大きくな

続きを読む

シラノール誘導体の効果や効能は?

シラノール誘導体という言葉はご存知でしょうか。ビタミンC誘導体という言葉なら聞いたことがあるけれど、シラノール誘導体はあまり聞き慣れたものではありませんね。 シラノール誘導体ってどんなもので、どのような効果が期待できるのでしょう? シラノール誘導体が真皮にまで潤いを与える! シラノール誘導体は、正式にはアスパラ銀酸メチルシラノールヒドロキシプロリンと言います。なかなか1度聞いたくらいでは覚え

続きを読む

妊娠中に気をつけるべき成分って?

妊娠中は胎盤を通じて赤ちゃんに栄養が送られます。胎盤で送られる栄養とは、私たちが口にした食べ物から摂られる栄養のことです。ですから、お腹に塗ったクリームが赤ちゃんに影響するということはほとんどありませんが、塗り薬の中には含まれる成分に、お腹のハリを促す成分や皮膚を通して赤ちゃんに届いてしまうかもしれない成分もあるそうです。 例えば、アキュテイン、トレチノイン、ハイドロキノン、パラベンなどの成分は

続きを読む