そもそも妊娠線の原因って?

妊娠すると嬉しい反面、不安な気持ちになる事も多くなります。 その不安要因の一つとして、多くの新婦さんが感じている事は妊娠線です。それには個人差はあるのですが、妊娠線はお腹以外にも腕や太ももや胸などにも出来る事があります。 しかし一度出来てしまうとそれを消す事は難しい上に、赤紫色をしていてとても目立つため、妊娠前に来ていた水着なども着れなくなってしまう可能性が高くなります。 そのような事になっ

続きを読む

双子ちゃん・三つ子ちゃんでも妊娠線を作らない方法ってある?

双子ちゃんや三つ子ちゃんとなると、一度にたくさんの子どもが授かれて嬉しいという気持ちに溢れる両親も多いものです。 しかし、それと同時に不安が募ってくるのも事実であり、両親ともに頭を抱えがちなのが子育てにかかる費用でしょう。ところが、それに加えて妊婦となっている女性にとっては妊娠線ができてしまうリスクが高いという事実に直面して悩ましい状況になってしまいがちです。 一人であってもできてしまうことが

続きを読む

妊娠線の原因を教えて!

妊娠線は何が原因で出来るのでしょう?妊娠線ケアするためには、妊娠線ができる原因についてしっかり抑えておく必要があります。 真皮や皮下組織が裂けるのが妊娠線 妊娠線ができるのは、お腹が大きくなり、皮膚が伸びることによって「真皮」と呼ばれる内側の皮膚に亀裂ができることが原因です。私たちの皮膚は、「表皮」、「真皮」、「皮下組織」と呼ばれる3層構造になっています。 表皮とは、私たちが日常的に「皮膚」

続きを読む

臨月に妊娠線ができる妊婦さんがなぜか多い理由とは?

妊娠線のできる時期は人によって違いますが、「臨月に入って妊娠線を発見した!」という方が多いようですね。なぜ、臨月になって、出産まであともう少しというところで妊娠線ができてしまうのでしょうか。 臨月の体重増加が危険! 妊娠線ができるのは、お腹の皮が引っ張られることによるものです。もっと詳しく言えば、表面の皮膚はちゃんと伸びてくれるけど、内側の真皮という皮膚は伸びきれなくて裂けてしまうためです。裂

続きを読む

そもそも妊娠線ってどういうメカニズムでできちゃうの?

妊娠するという嬉しい出来事の反面、妊婦さんを悩ませてしまう妊娠線。できることならそんな心配をせずに、ストレスフリーで楽な妊婦生活を送りたいものですが、体の仕組みがそれを許してはくれないようです。そもそも、妊娠線がどうしてできるのか、その仕組みをご説明しておきますね。 真皮と皮下組織の断裂が妊娠線 私たちの皮膚は、表皮と呼ばれる皮膚で覆われています。目で見ることのできる皮膚は表皮だけですが、実は

続きを読む

経産婦の約80%に妊娠線ができるって本当!?

経産婦には妊娠線が出来やすいと言われています。 あるデータによると、初産婦で妊娠線が出来た人の割合は20%~30%だったのに対して、経産婦では約70%~80%の人に妊娠線が出来てしまったとのことです。 どうして経産婦には妊娠線が出来やすいのでしょうか。 経産婦はお腹の大きくなるスピードが早い まず挙げられる理由として、経産婦の子宮は、以前に大きくなった時のことを覚えているということがあげられま

続きを読む

妊婦さんの約50~60%に妊娠線ができる!?

妊娠線は、大きくはっきり出来てしまう人もいれば、全然できなかったという人もいます。 本当に人それぞれです。いったい妊婦さんのどのくらいの方に妊娠線はできてしまうのでしょうか。 妊娠線ができる確率は高い? あるデータによると、第一子の妊婦さんでは全体の約20%から30%で妊娠線ができたということです。また、第二子以降の妊婦さんでは、全体の約70%~80%で妊娠線ができたというデータがあります。全

続きを読む

妊娠線ができる原因は?

妊娠線を作らせないためには、妊娠線ができる原因を知っておくことが大切です。 妊娠線は、どうしてできてしまうのでしょうか? お腹の中の赤ちゃんが大きいと、妊娠線が出来やすいと思っている人も多いようです。しかし、赤ちゃんが大きくても、妊娠線ができない人もたくさんいます。 妊娠線は、冷えや乾燥が原因で皮膚が伸び切れずに割れてしまう現象です。妊娠線を作らせないためには、お腹を温めて十分すぎるほど保湿

続きを読む