妊娠線ができやすい人ってどんな人?

妊娠線ができないようにお手入れをしているつもりでも、妊娠線が出来てしまう人は多いようです。 自分は妊娠線ができやすいので、お手入れを諦めてしまう人も多いようですが、妊娠線ができやすい原因は必ずあるものです。 では、妊娠線ができやすい人は、どのような人なのでしょうか? そもそも妊娠線は、お腹が次第に大きくなる過程でできるもので、皮膚がお腹の大きさに耐え切れず避けてしまう為に作られるものです。妊

続きを読む

妊娠線ができる原因は?

妊娠線を作らせないためには、妊娠線ができる原因を知っておくことが大切です。 妊娠線は、どうしてできてしまうのでしょうか? お腹の中の赤ちゃんが大きいと、妊娠線が出来やすいと思っている人も多いようです。しかし、赤ちゃんが大きくても、妊娠線ができない人もたくさんいます。 妊娠線は、冷えや乾燥が原因で皮膚が伸び切れずに割れてしまう現象です。妊娠線を作らせないためには、お腹を温めて十分すぎるほど保湿

続きを読む

妊娠線ができてしまったらもうケアはやめて良い?

妊娠線を作らせないようにお手入れをしていても、妊娠線がいつの間にか出来てしまっていたという人もいると思います。 妊娠線が出来てしまったので、もうケアしても意味がないと思う人も多いようですが、妊娠線をケアする専用のクリームもあるので、最後まで諦めずにお手入れを続けていくことが大切です。 産後の妊娠線ケアクリームもあり、予防だけではなく、できてしまった妊娠線のお手入れをすることができる商品もあるの

続きを読む

妊娠線を作らないためにはいつからケアするべき?

「妊娠線は絶対に作らない!」と強い意識を持ってケアを開始する人は多いと思います。 それでは、いつからケアするべきなのでしょうか? お腹が大きくなってからでは遅く、大きくなり始める前に開始していくことが大切です。お腹が少しずつ膨らみはじめるのは、妊娠4ヶ月から5ヶ月付近からですので、遅くともこれまでにはケアをはじめるべきです! 丁度安定期に入ろうとする辺りなので、体調も少しは落ち着いて取り組み

続きを読む

妊娠線っていつ頃にできるの?

あなたは、もう妊娠線ケアを始めていますか? 妊娠線が出る時期は人それぞれですが、一般的には妊娠後期の8ヶ月から9ヶ月頃に出る人が多いと言われています。妊娠線のケアをしていても、妊娠後期になるといつの間にか出来てしまっているというケースも多く、妊娠後期は今までよりも念入りにクリームを塗ってケアをすることが大切です。 妊娠線ケアは4ヶ月頃からはじめる! 妊娠線ケアは、妊娠4ヶ月から5ヶ月に入った

続きを読む

妊娠線ケアにアットノンて効くの?

アットノンは、皮下組織の血流の循環を促し皮膚の新陳代謝を上げ、傷跡を残りにくくする効果のある医薬品です。 できてしまった直後の妊娠線は赤く、時間が経ってしまった妊娠線は白くなります。 アットノンは、できてしまった直後の妊娠線には効果的なようですが、時間が経過した妊娠線には効果はないようです。 そもそもアットノンは、傷あと・やけどのあとに塗る医薬品で、傷あとを目立たなくしてくれるものなので、妊

続きを読む

もし妊娠線ができたらこうして治そう!

妊婦さんのお腹まわりに出来る筋状のアザに、妊娠線ショックをうける女性は少なくありません。完全に綺麗になくす事がむずかしいと言われている妊娠線を効果的に消す方法はあるのでしょうか? まず最初に、妊娠線が出来てしまう仕組みを知っておきましょう。 私たちの身体の皮膚は外因的なストレスからお肌を守る表皮と、細胞である皮下組織、そしてこの2つの間には真皮が存在しています。表皮はとても強く出来ているため伸

続きを読む

妊娠線ケアクリームと保湿クリームの違いは?

妊娠線を予防したりできてしまった妊娠線を消したりするための対策には様々なものがあります。そのうちの一つに妊婦さんに向けて製造されている「妊娠線ケアクリーム」があります。 一般に売られている普通の「保湿クリーム」に比べると価格が高いため「保湿クリーム」で代用しようとされる妊婦さんも少なくありません。節約のために同じ効果があるのであれば安いものでよいと思うのは当然です。 しかし、実は「妊娠線ケアク

続きを読む

妊娠線ケアにこの方法がベスト!

王道はクリームでマッサージケア 妊娠線…それが出来ると二度とビキニが切れない恐怖の肉割れ。 妊娠線ケアをすれば肉割れを起こす危険を減らすことができます。残念ながら妊娠線ケアをしても完全に予防できないけれど、ある程度は防ぐことができます。 一番メジャーな方法は、人視線専用クリームでのマッサージケア。 妊婦向け専門紙を開くと迷うほど多くの種類があります。安いもので数千円、高いと数万円するものもあ

続きを読む