妊娠線予防いつから始める?

妊娠したお友達から、「いつごろから妊娠線のケアを始めた?」と聞かれることがあります。私は妊娠初期に先輩妊婦さんから勧められて始めましたが、最初に購入した妊娠線クリームの優しい香りが初期には少し辛かったのを覚えています。妊娠前には好きな香りだったはずなのに、初期には匂いに敏感になり、ケアを一時中断していました。なので、本格的に始めたのはつわりが治まってからです。もちろん、無香料のタイプのクリームなら

続きを読む

妊娠線クリームを塗るタイミングっていつ?

妊娠線クリームを塗るタイミングでベストなタイミングは、お風呂上りです。お風呂上りは着替える前で裸になっていて、クリームを塗りやすいベストなタイミングでもありますし、肌の状態から見てもちょうど良いタイミングなのです。 お風呂上りでタオルドライしたあとの肌の状態をじっくりと観察してみられたことはありますか。顔や体、どちらでもよいのですが、一度お風呂に入る前の肌と比べてみてください。お風呂上りには、肌

続きを読む

妊娠線クリームの効果を最大限に引き出す方法って?

妊娠線クリームを使う目的は、伸びている肌に潤いを与えて柔らかい状態を保ち、妊娠線を防ぐことですね。そのためにお金を出して買うわけですから、買って、ただ塗っているだけではもったいないです。せっかく買った妊娠線クリームの効果を目一杯引きだしてあげて、妊娠線をしっかりと防いでいきましょうね。 妊娠線クリームを一日最低2回塗る! 効果的な塗り方としては、「一日最低2回は塗る」ということをお勧めします。

続きを読む

妊娠線予防にはオイルよりクリームを選ぶという賢い選択!

妊娠線を防ぐための商品として、妊娠線クリームが一般的ですが、中にはオイルタイプのものやローションタイプのものも販売されています。私個人としてはクリームをお勧めしますが、その理由は後ほどお話ししますね。まずは、それぞれの特徴をご説明しましょう。 オイルやローションってどうなの? オイルは、ほとんどが油分から出来ています。天然のオイルを使用していて、保湿効果はクリームやローションよりも圧倒的に高く

続きを読む

妊娠線クリームどうやって選ぶ?

妊娠線を予防するクリームはたくさんの種類が売られていて、どれを選べばよいのか迷うところです。当然ですが、人の体の状態は個人個人に差があって、あの人に効いたから私にも効く!という万能の商品はありませんが、妊娠線予防のためには、皮膚に潤いを与え、肌を柔らかくする効果の高いものをしっかりとチェックして選びましょう。 妊娠線クリームがお肌に優しいか? 妊娠線クリームの選び方ですが、最初に考えたいのは、

続きを読む

妊娠線クリームはお腹以外に使っても大丈夫?

妊娠線というと、お腹に出来てしまうイメージがありますが、実はバストや太ももなどに妊娠線ができる人も多いのです。妊娠線ができるのは、急激に大きくなったお腹の皮膚が、ギューッと外側に引っ張られるため、ちぎれてしまうからです。皮膚がちぎれるといっても、表側の皮膚(表皮)は柔軟で良く伸びるので、お腹の大きさに合わせて伸びていきます。だから妊娠線が出来ても出血はしません。 しかし、その内側の真皮と呼ばれる

続きを読む

妊娠線は消えない?妊娠線は作らないことが大切♪

妊娠線は、できた直後は赤紫のミミズ腫れのような形状をしています。手術後の縫合された部分といったら分かりやすいでしょうか。妊娠線は多くが妊娠36週に入って出産直前の時に出来るので、産んだ直後に妊娠線を見つけたときは大変目立つ傷痕のような状態になっています。 妊娠時はおなかが大きくなっていて鏡できちんと確認することが難しいので、妊娠線ができてしまっていることに気が付かない人もいます。産後になって、鏡

続きを読む

妊娠線予防クリームとオイル併用が最強!?

妊娠線予防のケア用品は色々な商品が出ています。特に有名なのは妊娠線予防クリームや妊娠線予防のオイルです。その他にも乳液タイプのものやローション、ジェル、ボディバターなど様々です。全て、おなかをしっかり保湿することが目的です。 どっちが自分に合っているの・・・ クリームとオイルはどちらもお腹を保湿する効果は同じですが、保湿方法が異なります。保湿成分がお肌にすぐに浸透して水分を皮膚に蓄えるクリーム

続きを読む

妊娠線予防には「クリーム」VS「オイル」どっちが効果が高い?

妊娠線のケアとしてクリームやオイルなど、様々な商品が市販されています。何を選んだら良いのか分からない方むけに、クリームとオイルではどちらが総合的におすすめなのか、調べてみました。 クリームとオイルを比較! クリームは妊娠線ケアの方法としては最も有名です。大容量で売られている商品も多く、コスパが良いです。また、商品の種類も多いため、自分に合った使用感や香りのクリームを選ぶこともできます。 クリ

続きを読む

妊娠線の予防は早ければ早いほど良い!

一般的に、妊娠線の予防は早ければ早いほど良い!と言われています。早ければ早いほどって、一体いつ?ということですが、妊娠発覚してすぐ!はちょっと早すぎかなと思います。妊娠発覚後につわりが始まりますし、つわりがひどい方は妊娠線予防などと言っている余裕はないでしょう。大体早い方でつわりが落ち着いた3ヶ月~4ヶ月ぐらいで妊娠線予防を意識し始めるようです。 妊娠線の予防にはどんなものがあるのでしょう?

続きを読む