妊娠線ケアの種類をご紹介!

妊娠してお腹が大きくなり、お腹が大きくなるスピードにお腹の皮膚がついていかず、皮膚に亀裂が入って出来てしまう妊娠線。妊娠線は出来る人と出来ない人がいます。出産後も妊娠線は長く残って目立ってしまいます。できれば妊娠線はできない方が良いですよね。妊娠線予防のケアを怠らなければ、ある程度は予防できるものです。 また、妊娠線予防のケアを頑張っていると、もし妊娠線が出来てしまったとしてもあまり重症化はしな

続きを読む

双子ちゃん・三つ子ちゃんは妊娠線ができる危険度MAX!

双子ちゃん・三つ子ちゃんの妊娠では、おなかにいるのが1人だけの時に比べて、妊娠線が出来る割合が格段にアップします。妊娠線ができる危険度もかなり高いです。 というのも、双子ちゃん・三つ子ちゃんの場合、お腹の大きさが単胎に比べて全然違うのです。お腹にはいっている人数が通常の2倍、3倍になりますので、お腹が大きくなることは容易に想像できますね。 お腹がはちきれそう! 特に初めての妊娠の場合、赤ちゃ

続きを読む

経産婦の約80%に妊娠線ができるって本当!?

経産婦には妊娠線が出来やすいと言われています。 あるデータによると、初産婦で妊娠線が出来た人の割合は20%~30%だったのに対して、経産婦では約70%~80%の人に妊娠線が出来てしまったとのことです。 どうして経産婦には妊娠線が出来やすいのでしょうか。 経産婦はお腹の大きくなるスピードが早い まず挙げられる理由として、経産婦の子宮は、以前に大きくなった時のことを覚えているということがあげられま

続きを読む

妊婦さんの約50~60%に妊娠線ができる!?

妊娠線は、大きくはっきり出来てしまう人もいれば、全然できなかったという人もいます。 本当に人それぞれです。いったい妊婦さんのどのくらいの方に妊娠線はできてしまうのでしょうか。 妊娠線ができる確率は高い? あるデータによると、第一子の妊婦さんでは全体の約20%から30%で妊娠線ができたということです。また、第二子以降の妊婦さんでは、全体の約70%~80%で妊娠線ができたというデータがあります。全

続きを読む

妊娠線ケアには体重管理が超重要!

妊娠線ケアにいちばん大切なのは体重管理だと言われていますが、どうしてでしょうか? お腹の皮膚はあまり伸びません。お腹が急に大きくなると、お腹の皮膚がその大きさのスピードに対応できずに途中で亀裂が生じてしまいます。これが妊娠線の原因です。 実は妊娠線は、体重の増加が8キロ以下だった妊婦さんにはあまり出来ないというデータがあります。おなかがあまり大きくならないため、お腹の皮膚の伸びがお腹の大きさの

続きを読む