妊娠線は臨月に一番できやすいって本当?

妊娠線ができてしまうことは妊婦にとっての悩みの種ですが、いつできるのかわからないことも不安を大きくする原因です。 妊娠線ができてしまうタイミングは人それぞれであるのは事実ですが、できやすいタイミングがあるということも知られています。そろそろ生まれる頃と思い始めると妊娠線の対策もおろそかになりがちですが、臨月になるとできやすいということもよく言われています。 それが本当のことなのかどうかは妊婦に

続きを読む

出産後でも妊娠線ができるの?

出産の際に、多くの女性が恐れるであろう「妊娠線」。 必ず出るものではなく個人差があるため、極力出て欲しくないと願う方は沢山いるかもしれません。 しかし、この妊娠線は出産時だけではなく出産後に出てくるケースもあるのです。出産が終わればもう心配はいらないと思っていると、痛い目にあう可能性があるので要注意です。 どのように注意したらいいの…?と疑問に思う方もいるはずです。妊娠線が出ないようにするため

続きを読む

妊娠線予防には「クリーム」と「オイル」どっちが良い?(クリーム押しで一番良いのは両方使う)

新しい命を宿し産むということは女性にとってうれしい出来事ではありますが、ただひとつだけ生んだ後に気がかりがありそれが妊娠線というものです。 妊娠線は赤ちゃんをおなかに宿すと赤ちゃんがお腹からずれないように皮膚が前方に大きくなるのですが、その際産まれた後その前に引っ張られていた皮膚が跡になるように線になって現れる状態を指します。 この状態になるのは皮膚のコラーゲンが引っ張られたことによって起きた

続きを読む

妊娠線ケアは毎日しないといけないの?

妊娠しているということがわかったときには妊娠線ケアを行って痕を残してしまわないようにしたいというのは女性なら誰もが思うことでしょう。 しかし、妊娠中に胎児のことだけでなく自分のことにも気を払っていかなければならないのは大変なことであり、毎日行っていけるのかが不安になる人もいるはずです。 どのようなケアを行わなければならないのかということを知ると共に、毎日行う必要があるのかどうかを理解しておくこ

続きを読む

妊娠線ケアの種類にはどんなものがあるの?

妊娠線ケアの種類は主に三種類あります! オイル・クリーム・ローションです。 そもそも、妊娠線とは何故できるかご存知でしょうか? 皮膚は三層にわかれていて、妊娠で急激にお腹が大きくなることから伸びやすい層と伸びにくい層が断裂することによって、できてしまいます。 また、妊娠線ができる場所や数は人によって違うみたいです。 一度できてしまうとことがないと言われているので、ぜひ予防しておきたいですね!

続きを読む

妊娠線クリームはどうやって選べば良いの?

妊娠中に妊娠線のケアを怠ってしまうと、産後に痕が残ってしまうためしっかりとケアをする事がとても重要になってきます。 妊娠線を予防するためにも、お腹が膨らむ前の早めのケアが必要です。 しかし妊娠線をケアするためのクリームにはたくさんの種類があり、実際にどれを選んで使用したらいいのか分からない人が多いのではないでしょうか? またどの妊娠線クリームも同じ成分が入っているわけではないので、必ずしも自分の

続きを読む

妊娠線ケアは普通にクリームじゃダメなの?

待望のベビーが体内に宿り、日に日に大きくなっていくお腹。そっと手をあてると新しい命を感じて、幸せいっぱいの毎日ですね。 でも、やっぱり気になるのが妊娠線です。 妊娠線は、一度できてしまえば薄くはなっても完全には消えません。そこで妊娠線をつくらないようにケアが必要になります。 妊娠線ケアといえば、まず保湿クリームを塗ることが思い浮かびます。高価な専用クリームもたくさん販売されていますが、普通の

続きを読む

妊娠線には「できやすい人」と「できにく人」がいるって本当?

妊娠線は半数の妊婦にできるということが言われていますが、ただ確率で決まっているわけではないということは知っておくと良いことでしょう。 特別に対策もしていないのに妊娠線ができない人もいるものであり、もともとできやすい人もいればできにくい人もいるのです。 そのため、自分ができやすい人に該当するのか、できにく人に相当するのかを胸に手を当てて考えておくと、どれだけの対策をしていかなければならないかとい

続きを読む

妊娠線クリームがあまっちゃった?あまった妊娠線クリームを有効活用する方法!(ボディクリームや赤ちゃんのスキンケアに使うなど)

妊娠線クリームは普通に使っていても余ってしまうこともあります。たっぷり使って赤ちゃんが出てくるまでに使い切る、というのも方法ですが、赤ちゃんが思ったよりも早く産まれてきたりして、その後に使わなくなってしまうのです。高額な商品なら高かったのに、と残念に思うことも出てきます。 ただ、妊娠線クリームは妊娠線予防だけではなく、いろいろな用途に使うことができます。保湿成分が高く肌に優しいクリームですから、

続きを読む

妊娠線はおなか以外にもできる?どこをケアすれば良いの?

妊娠線とは、赤ちゃんの成長とともに急激におなかが大きくなるにあたって、皮膚の表皮は伸びることができるのですが、その下の真皮や皮下組織の一部は急激に伸びることができないため、引っ張られて亀裂が生じることでできる赤紫色の線状斑です。 妊娠によるコルチコステロイドホルモンの影響で皮膚の新陳代謝が悪くなるのも原因の一つであると言われています。妊娠線に痛みはないのですが、一度できると消えません。 出産後

続きを読む