高齢出産は流産するリスクが高い?

若いうちに出産をするのに比べると高齢出産はリスクが高いことが知られていますが、その一つとしてよく言われているのが流産です。 高齢になってからは妊娠に際してトラブルが多いことからできるだけ若いうちに出産を終えてしまいたいと考える人が多いものの、その影響は流産にまで及ぶものなのでしょうか。 その実際のリスクの高さを知って、どのように対策を立てたら良いのかも考えておくと良いでしょう。 結婚したいと

続きを読む

流産の時期とその種類

妊娠が判明したら、無事にベビーの元気な顔を見るために、一番気をつけたい流産。 妊娠初期、安定期、出産真近の後期それぞれの時期に起こりやすいものとその種類があります。妊娠12週未満に起こるものを「早期流産」といい、12週以降22週未満に起こるものを「後期流産」といいます。 出血や腹痛などがその兆候であるとされていますが、母体に何の影響も現れず、定期健診のエコー検査で胎児の胎動が止まっていることが

続きを読む

つわりの時は食事はどうする?

妊娠初期に多くの妊婦さんが悩まされる、辛いつわり。 個人差はありますが、8週?12週頃にかけてピークを迎える方が多く「吐き気のせいで食事も喉を通らない」という方も結構いるんです。 つわりのメカニズムは完全には解明されていませんが、妊娠して「お腹に赤ちゃんがいる」という特殊な状態から体が引き起こす、妊娠性のホルモンが関係していると考えられています。そのため、赤ちゃんがいる状態が体に馴染んでくる頃に

続きを読む

つわりと頭痛の関係って?

妊娠してつらい思いをすることになりがちなのがつわりであり、吐き気がして食欲がなくなってしまいがちになります。 胎児のために少しは食べなければならないと頑張るものの、味覚障害も伴ってしまってなかなか口にすることができなくなってしまうのは多くの人が経験するでしょう。 しかし、それだけでなく頭痛も引き起こされることがあり、起き上がることすら辛い状況になってしまう人もいます。 つわりだけでもつらいのに

続きを読む

つわりといっても色々な種類があるのです!

突然「うっ!」と気持ち悪くなり、洗面所に駆け込んで妊娠に気づく。ドラマなどによくある妊娠発覚のシーンですね。 これは典型的な「吐きづわり」の症状ですが、つわりにはこのような症状以外にもたくさんの種類があります。その中でどのような症状が出るかは人によって違いますし、また同じ人でも妊娠ごとにつわりの種類が変わるという話もよく聞きます。 また、その症状が出る程度も全くと言っていいほど感じない人もいれ

続きを読む

葉酸にはつわりを軽減する効果あるの?

葉酸には、お腹の赤ちゃんに対する先天性異常が発生するリスクを下げる効果があると言われています。 この葉酸は赤ちゃんがお腹の中で、細胞分裂をする際に必要とするものであり、DNAを構成するためにもとても密接に関係しているのです。葉酸にはそれ以外にも、つわりを軽減する効果も期待出来ると言われています。 個人差がありますが妊娠6週目頃から7週目頃になると妊婦さんにとってとてもつらいつわりが現れるため、

続きを読む

つわりのピークは?【つわりはいつからいつまで】

つわりに苦しんでしまいがちなのは妊婦なら当たり前と思ってしまいがちです。つわりがいつからいつまで続いて、ピークはどのくらいにやってくるのだろうと不安になる人も多いでしょう。 いつからいつまでなのかということを理解してつらさに対する覚悟を決めたり、対策を立てたりするということは妊娠生活を送る上では欠かせないことになります。 ただ我慢するというのではなく、身体に働きかけて症状を抑えていくことも考え

続きを読む

妊娠線と遺伝って関係あるの?

女性にとって「妊娠中の期間」というものは、一生のうちでも何にも代えがたいとても幸せな時間です。ですが、その妊娠中にもいくつか気をつけなければいけないことがあります。 出産、赤ちゃんの健康にかかわることももちろんですが、その1つが生まれたあとの自分の美容に関係する部分です。 その1つが「妊娠線」です。「妊娠線」は、早い段階からケアをすることで、出来ないようにしたり、ある程度うすくしたりすることが

続きを読む

妻の妊娠線を見た男性の反応と本音

妊娠をするとだんだんと胎児が大きくなってきて、お腹が膨らんでくるでしょう。 それ自体はとてもうれしいことではあるものの、そのときにどうしても気にかけてしまうのが妊娠線であり、女性としては美しさを保つためにも気を払うことが多いものです。 なかなか消えないということを知っているからこそ対策をしていく人は多いものの、女性として子どもを身ごもったからには仕方ないと考える女性もいるでしょう。女性の間で意

続きを読む

できてしまった妊娠線はエステ通いで消える?

一度できてしまった妊娠線を完全に消し去ることは難しいとされています。ただし、ケアなどをしなくとも、人によっては長い時間を経て少しづつ薄い状態へとなって行くようです。 妊娠線は消し去ると言うより、作らないように予防することが本来適したケアの方法かもしれません。とは言え、できてしまったのなら少しでも目立たない状態にしたいと思う人は少なからずいるでしょう。 近年では、出産後もスタイルをキープしたい人

続きを読む