妊娠線と遺伝って関係あるの?

女性にとって「妊娠中の期間」というものは、一生のうちでも何にも代えがたいとても幸せな時間です。ですが、その妊娠中にもいくつか気をつけなければいけないことがあります。 出産、赤ちゃんの健康にかかわることももちろんですが、その1つが生まれたあとの自分の美容に関係する部分です。 その1つが「妊娠線」です。「妊娠線」は、早い段階からケアをすることで、出来ないようにしたり、ある程度うすくしたりすることが

続きを読む

そもそも妊娠線の原因って?

妊娠すると嬉しい反面、不安な気持ちになる事も多くなります。 その不安要因の一つとして、多くの新婦さんが感じている事は妊娠線です。それには個人差はあるのですが、妊娠線はお腹以外にも腕や太ももや胸などにも出来る事があります。 しかし一度出来てしまうとそれを消す事は難しい上に、赤紫色をしていてとても目立つため、妊娠前に来ていた水着なども着れなくなってしまう可能性が高くなります。 そのような事になっ

続きを読む

妊娠線は臨月に一番できやすいって本当?

妊娠線ができてしまうことは妊婦にとっての悩みの種ですが、いつできるのかわからないことも不安を大きくする原因です。 妊娠線ができてしまうタイミングは人それぞれであるのは事実ですが、できやすいタイミングがあるということも知られています。そろそろ生まれる頃と思い始めると妊娠線の対策もおろそかになりがちですが、臨月になるとできやすいということもよく言われています。 それが本当のことなのかどうかは妊婦に

続きを読む

出産後でも妊娠線ができるの?

出産の際に、多くの女性が恐れるであろう「妊娠線」。 必ず出るものではなく個人差があるため、極力出て欲しくないと願う方は沢山いるかもしれません。 しかし、この妊娠線は出産時だけではなく出産後に出てくるケースもあるのです。出産が終わればもう心配はいらないと思っていると、痛い目にあう可能性があるので要注意です。 どのように注意したらいいの…?と疑問に思う方もいるはずです。妊娠線が出ないようにするため

続きを読む

妊娠線には「できやすい人」と「できにく人」がいるって本当?

妊娠線は半数の妊婦にできるということが言われていますが、ただ確率で決まっているわけではないということは知っておくと良いことでしょう。 特別に対策もしていないのに妊娠線ができない人もいるものであり、もともとできやすい人もいればできにくい人もいるのです。 そのため、自分ができやすい人に該当するのか、できにく人に相当するのかを胸に手を当てて考えておくと、どれだけの対策をしていかなければならないかとい

続きを読む

妊娠線はおなか以外にもできる?どこをケアすれば良いの?

妊娠線とは、赤ちゃんの成長とともに急激におなかが大きくなるにあたって、皮膚の表皮は伸びることができるのですが、その下の真皮や皮下組織の一部は急激に伸びることができないため、引っ張られて亀裂が生じることでできる赤紫色の線状斑です。 妊娠によるコルチコステロイドホルモンの影響で皮膚の新陳代謝が悪くなるのも原因の一つであると言われています。妊娠線に痛みはないのですが、一度できると消えません。 出産後

続きを読む

第1子で妊娠線ができなければ第2子も大丈夫?

第1子で妊娠線ができずに済んだ人は第2子でも大丈夫であると考えてしまいがちです。確かに全く問題がない人もいるのは事実であり、何人子どもを生んでもわずかな形跡すら見えない女性もいます。 しかし、安心してしまうことは良い判断ではないと覚えておきましょう。妊娠線ができる確率は第1子のときよりも第2子のときのほうが高くなってしまうことがわかっているからです。 一度できるときれいに消し去るのが難しいのが

続きを読む

あなたの夫は妊娠線を見ても大丈夫??

愛する夫との子どもが、ある日自分の体に宿り、日々成長していく・・・。 女性にとって、これ以上の幸せはないと思う人もいるのではないでしょうか。しかし、赤ちゃんがお腹の中で大きくなるにつれ、体型の変化は避けて通れません。残念ながら、妊娠線ができてしまう場合もあるでしょう。 妻の体型の変化や、妊娠線の存在を夫はどう思っているのでしょうか。 どうせなら、妊娠線もできず、夫とも仲良くして、楽しい妊婦ライ

続きを読む

太っているほど妊娠線はできやすい?

妊娠線はおよそ半数の妊婦にできてしまうものであると言われていますが、そのほとんどがもともとできやすい素因を持っています。高齢であることや乾燥肌やアトピー肌の人のように肌の新陳代謝や肌の質が問題になっている人も多いのが事実です。 しかし、太っていることが妊娠線ができやすい原因であるということもまことしやかに言われています。それとは真逆に痩せている人も妊娠線ができやすいということが言われていますが、

続きを読む

経産婦の方が妊娠線ができやすい!?

一度出産を経験して、妊娠線を作らずに済ませることができたと喜ぶ人も多いでしょう。これで二回目も同じようにしていけばきっと大丈夫だと考えるのはポジティブな考え方としては良いものです。 しかし、実際には経産婦の方が妊娠線ができやすいということが知られているため、同じように対策をしていてもできてしまったことを嘆く人もいます。 経産婦になると妊娠線ができてしまう可能性が高まるのには理由があることから、

続きを読む