流産の時期とその種類

妊娠が判明したら、無事にベビーの元気な顔を見るために、一番気をつけたい流産。 妊娠初期、安定期、出産真近の後期それぞれの時期に起こりやすいものとその種類があります。妊娠12週未満に起こるものを「早期流産」といい、12週以降22週未満に起こるものを「後期流産」といいます。 出血や腹痛などがその兆候であるとされていますが、母体に何の影響も現れず、定期健診のエコー検査で胎児の胎動が止まっていることが

続きを読む

つわりといっても色々な種類があるのです!

突然「うっ!」と気持ち悪くなり、洗面所に駆け込んで妊娠に気づく。ドラマなどによくある妊娠発覚のシーンですね。 これは典型的な「吐きづわり」の症状ですが、つわりにはこのような症状以外にもたくさんの種類があります。その中でどのような症状が出るかは人によって違いますし、また同じ人でも妊娠ごとにつわりの種類が変わるという話もよく聞きます。 また、その症状が出る程度も全くと言っていいほど感じない人もいれ

続きを読む

妊娠線ケアの種類にはどんなものがあるの?

妊娠線ケアの種類は主に三種類あります! オイル・クリーム・ローションです。 そもそも、妊娠線とは何故できるかご存知でしょうか? 皮膚は三層にわかれていて、妊娠で急激にお腹が大きくなることから伸びやすい層と伸びにくい層が断裂することによって、できてしまいます。 また、妊娠線ができる場所や数は人によって違うみたいです。 一度できてしまうとことがないと言われているので、ぜひ予防しておきたいですね!

続きを読む

胎動の種類と時期についてのまとめ!

お腹の中にいる赤ちゃんが成長するにつれて、次第に胎動を感じ妊娠している事が実感できるようになってきます。実はその胎動には様々な種類があったり、時期によって動きが違ってきたりするのですよ。 そこで、今回はその胎動の種類と時期についてご紹介します。 時期によって違ってくる胎動の動き お腹の中にいる赤ちゃんは、妊娠8週ごろになると筋肉が発達し始めます。そのため、色々な動きが出来るようになってくるので

続きを読む

妊娠線ケアの種類をご紹介!

妊娠してお腹が大きくなり、お腹が大きくなるスピードにお腹の皮膚がついていかず、皮膚に亀裂が入って出来てしまう妊娠線。妊娠線は出来る人と出来ない人がいます。出産後も妊娠線は長く残って目立ってしまいます。できれば妊娠線はできない方が良いですよね。妊娠線予防のケアを怠らなければ、ある程度は予防できるものです。 また、妊娠線予防のケアを頑張っていると、もし妊娠線が出来てしまったとしてもあまり重症化はしな

続きを読む