妊娠線予防に無印のホホバオイルが効果あり!?

コスパや使い勝手のよさから無印のボディケアは確かに人気があります。 実際に妊娠線に使う人もいますが、専用オイルというわけではないのでこれだけで本当に大丈夫という保証もありません。あくまでも保湿オイルという認識が正しいでしょう! 無印のホホバオイルは、べたつくことなく、浸透性も高いので大変人気です。コスパも大変よく、50ml714円、100ml1300円、200mlのみ2500円でポンプ式なので

続きを読む

for fam(フォーファム)は赤ちゃんや子供のスキンケアにもおすすめ!

赤ちゃんや子供は大人より肌のバリア機能がまだうまく発達していません。 そのため刺激をうけやすいので簡単に肌が荒れてしまいます。油断するとすぐあせもができてしまったり、我慢ができませんのでかきむしってしまうことも。アトピー性皮膚炎も起きやすいですね。赤ちゃんはごしごし強く洗うのはもちろん厳禁ですが、汗や汚れはきちんと洗って清潔にした上で保湿をしてあげるのが重要です。 ボディソープや石鹸はたっぷり

続きを読む

for fam(フォーファム)のボディミルクとボディローションどっちが妊娠線予防に効果あるの?

赤ちゃんにも使える「for fam(フォーファム)」には、ボディミルクとボディローションがありますが、どちらが妊娠線予防に効果があるのでしょう? ミルクとローションは内容成分に若干違いはあるものの、どちらかが優秀というわけではありません。優劣をつけるとすれば新しく出たローションに大豆、卵、牛乳といったアレルギー物質が一切含まれていないのでこれらのアレルギーが気になる方でも安心して使えるという点で

続きを読む

for fam(フォーファム)で妊娠線予防できる?

妊娠するとホルモンバランスの変化もあって体型が変化します。バスト、ヒップ、おなかが体重増加によって急激に大きくなっていくので皮膚や皮下脂肪がその変化についていけないこともあります。 そうすると皮膚表面が断裂してしまい、妊娠腺となってしまいます。 つわりが終わると食欲が増すので太りやすくなります。体重が急に増えないように食事や運動などの工夫が必要となる時期です。そのためおなかが大きくなる妊娠5か

続きを読む

高齢出産は流産するリスクが高い?

若いうちに出産をするのに比べると高齢出産はリスクが高いことが知られていますが、その一つとしてよく言われているのが流産です。 高齢になってからは妊娠に際してトラブルが多いことからできるだけ若いうちに出産を終えてしまいたいと考える人が多いものの、その影響は流産にまで及ぶものなのでしょうか。 その実際のリスクの高さを知って、どのように対策を立てたら良いのかも考えておくと良いでしょう。 結婚したいと

続きを読む

流産の時期とその種類

妊娠が判明したら、無事にベビーの元気な顔を見るために、一番気をつけたい流産。 妊娠初期、安定期、出産真近の後期それぞれの時期に起こりやすいものとその種類があります。妊娠12週未満に起こるものを「早期流産」といい、12週以降22週未満に起こるものを「後期流産」といいます。 出血や腹痛などがその兆候であるとされていますが、母体に何の影響も現れず、定期健診のエコー検査で胎児の胎動が止まっていることが

続きを読む

つわりの時は食事はどうする?

妊娠初期に多くの妊婦さんが悩まされる、辛いつわり。 個人差はありますが、8週?12週頃にかけてピークを迎える方が多く「吐き気のせいで食事も喉を通らない」という方も結構いるんです。 つわりのメカニズムは完全には解明されていませんが、妊娠して「お腹に赤ちゃんがいる」という特殊な状態から体が引き起こす、妊娠性のホルモンが関係していると考えられています。そのため、赤ちゃんがいる状態が体に馴染んでくる頃に

続きを読む

つわりと頭痛の関係って?

妊娠してつらい思いをすることになりがちなのがつわりであり、吐き気がして食欲がなくなってしまいがちになります。 胎児のために少しは食べなければならないと頑張るものの、味覚障害も伴ってしまってなかなか口にすることができなくなってしまうのは多くの人が経験するでしょう。 しかし、それだけでなく頭痛も引き起こされることがあり、起き上がることすら辛い状況になってしまう人もいます。 つわりだけでもつらいのに

続きを読む

つわりといっても色々な種類があるのです!

突然「うっ!」と気持ち悪くなり、洗面所に駆け込んで妊娠に気づく。ドラマなどによくある妊娠発覚のシーンですね。 これは典型的な「吐きづわり」の症状ですが、つわりにはこのような症状以外にもたくさんの種類があります。その中でどのような症状が出るかは人によって違いますし、また同じ人でも妊娠ごとにつわりの種類が変わるという話もよく聞きます。 また、その症状が出る程度も全くと言っていいほど感じない人もいれ

続きを読む

葉酸にはつわりを軽減する効果あるの?

葉酸には、お腹の赤ちゃんに対する先天性異常が発生するリスクを下げる効果があると言われています。 この葉酸は赤ちゃんがお腹の中で、細胞分裂をする際に必要とするものであり、DNAを構成するためにもとても密接に関係しているのです。葉酸にはそれ以外にも、つわりを軽減する効果も期待出来ると言われています。 個人差がありますが妊娠6週目頃から7週目頃になると妊婦さんにとってとてもつらいつわりが現れるため、

続きを読む