初妊娠の時ってどのぐらいのスピードでお腹は大きなる?

初妊娠はわからないことがたくさんあり、不安なことも多いでしょう。最も多い疑問は、お腹がどのくらいのスピードで大きくなるのかというものでしょう。 お腹が大きくなると、妊娠の実感も湧きますよね。今回は、初妊娠の時はどれくらいのスピードでお腹が大きくなるのかについて見ていきます。 少しお腹が膨らみ始めるのは、妊娠何週目? お腹が大きくなったかなと実感するのは、妊娠3ヶ月目だと考えられます。妊娠8~

続きを読む

妊娠中に性別はいつわかるの?

妊娠中、お腹の赤ちゃんの性別が気になる妊婦さんは多いのではないでしょうか。名前を考えたりお洋服を準備したりするとき、男の子か女の子か分からないと困ることもありますよね。 検診の時にお医者さんに聞いてみても、分からないと言われると不安になるかもしれません。赤ちゃんの性別はいつ頃はっきりするのでしょうか。 赤ちゃんの性別、はっきりしてくるのは? お腹にいる赤ちゃんの性別を判断する材料はエコーで外

続きを読む

妊娠中の性別判定って間違うことあるの?

妊娠すると、次に楽しみなのは、お腹の子の性別についてです。夫婦それぞれで、男の子が良い、女の子が良いなどの希望はあるでしょうが、妊娠中の性別判定とは、間違う可能性はあるのでしょうか? そこで、妊娠中の性別判定の仕方や間違ってしまう理由などを考えていきましょう。 性別判定の時期や方法は? 妊娠中、胎児の性別は、早ければ安定期に入る妊娠5ヶ月頃から判定ができるようになります。ですが、男の子の証拠

続きを読む

妊娠中にお腹周りにかゆみが?これって何?

私にも経験がありますが、妊娠中ってお腹やバストの周りがとても痒くなりますよね。もともとはそんなに乾燥肌ではなかったと思うのですが、顔も体もカサカサとした感触で、妊娠中はずっと肌の変化を感じていました。 お腹が大きくなり始めた妊娠5か月の終わり頃からは、今まで使っていたジーンズは完全に入らなくなり、ウエストがゴムでできたジーンズやスカートを愛用していました。このウエストの部分が痒くて仕方なかった時

続きを読む

正中線を消すことはできるのでしょうか?

妊娠中の正中線と妊娠線はまったく違うものです。結論から言うと、レーザー治療などで消すことはできますが、妊娠線クリームで予防できるものではありません。そもそも、妊娠線とはできる仕組みもできる部分も違います。正中線は人間には誰にでもあるものです。人間が左右対称に作られているのは、受精卵の分裂が左右対称に行われてきたから、というお話を聞かれたことはありませんか。正中線は、細胞分裂からの名残のラインなので

続きを読む

正中線はいつ治るの?正中線ケアは不要?

妊娠すると体内のホルモンバランスが崩れてお腹の周辺にメラニン色素が集まりやすくなってしまいます。 生まれた時からお腹についている正中線の周辺にメラニン色素が集まってしまい、おへそから下に向かって1本の茶色い線が現れてしまう場合があります。 妊娠する前から正中線はありますが、目立たないので気づかない人はたくさんいます。 しかし、妊娠することによっておへその下に茶色い線が浮かび上がり、 『この

続きを読む

病院で検査を受け胎児の発育と自分の身体を知ろう!

最近は未受診妊婦が問題になっていますが、妊娠したら赤ちゃんの発育状況とあなたの体の状況を知るためにも妊婦健診を受けましょう! 妊婦健診で分かることはいろいろありますが、赤ちゃんの成長や障害の有無、性別などがまず分かります。赤ちゃんの身長、体重を測定し、大きくなり体全体がエコーに写らなくなったら頭の直径と大腿骨の大きさから身長と体重を推測します。 あまり小さいと障害の可能性がありますので心配にな

続きを読む

妊娠初期の赤ちゃんの成長を知ろう!

妊娠初期は赤ちゃんもまだまだ黒いぽつんとした状態でしか確認できないなど、不思議な感じを覚える女性も大勢います。しかし、おなかの中で確実に赤ちゃんは育っていますので、妊娠初期の頃、赤ちゃんはどのくらい成長するか知ってみるのもいいでしょう。 妊娠が確認できるのは4週以降で妊娠2ヶ月には言った頃ですが、まだ赤ちゃんそのものの形は見えず、胎嚢という赤ちゃんが入る袋を見ることができます。 少し大きくなれ

続きを読む

妊娠しやすい身体づくりのために出来ることは!?

妊娠するために必要な活動として身体も妊娠しやすいよう変化させておく必要がありますが、大切なのは食事だと言います。 たとえば健康に必要とされている栄養バランスは任活のためにも必要不可欠なのですが、ジャンク食品やインスタント食品、外食産業が発達した現在食物繊維やビタミン、ミネラルが不足している人が増えています。 飽食の時代といわれる現代でありながら栄養不足に陥るというのは非常に辛いことです。大切な

続きを読む