レーザーで妊娠線は消える?【治療費は?保険適用?】

妊娠線は出産後も自然に消えることはありません。どうしても気になって絶対に消したい!という場合には、美容外科に行ってレーザー治療や炭酸ガス注入などの保険適用外の治療を受けることになります。 病気の治療であればレーザーを使った治療でも保険適用になります。しかし、妊娠線を消したいという「見た目」を変えたいという治療は保険の適用範囲外になってしまいます。病院によって金額に差があるのは、病院が自由に診療費

続きを読む

もし、妊娠線ができてしまったらどうすれば?

妊娠線に気づいた時。それはまだ出来始めて間もないころだと思います。お腹にできる妊娠線は、赤紫でスイカ のような亀裂ですから、ある程度増えるまで全然気づかないということはないでしょう。一度できた妊娠線を消すことはできませんが、増えるのを防ぐことはできます。一本出来たからと言って諦めないで、これ以上増やさないぞ!という気持ちで本格的な妊娠線のケアに取り組んでいきましょう。 お腹が大きくなる前妊娠線

続きを読む

できてしまった妊娠線は消せる?どうすれば良いのでしょう?

一度できてしまった妊娠線を消す方法は、レーザー治療や炭酸ガスの注入など、美容外科で行う手術しかありません。妊娠線は、医学的には「線状皮膚委縮症」とか「皮膚伸展線条」と呼ばれるれっきとした皮膚の病気です。妊娠だけでなく、急激にサイズアップした部分などにできることもあり、こちらは一般的に「肉割れ」と呼ばれていますが、妊娠線とできる仕組みや原因は全く同じものです。 妊娠したり、太ったりして体のサイズが

続きを読む

出産後にも妊娠線ってできるの?【油断は禁物!?】

出産後に妊娠線ができたという友人がいます。妊娠線のできる仕組みを知っていた私は、「出産してからできるわけないでしょ」と笑ったのですが、どうやらできてしまうケースがあるそうです。正確に言えば、出産後、お腹に新たに妊娠線ができるということはないようです。ただ、妊娠中は細くてほとんど目立たなかった妊娠線が、お腹が小さくなってお腹の皮膚が余った状態になった時、その部分だけ凹んだようにしぼんでしまい、目立っ

続きを読む

正中線も妊娠線クリームで消すことができる?

正中線という言葉を聞いたことはあるでしょうか。妊娠が進むにつれて、下腹部からみぞおちのあたりまでまっすぐな線が現れる人がいます。この線を「正中線」と呼んでいます。私もばっちり正中線ができました。妊娠7か月頃にはっきりと目立つようになりました。この正中線、看護師さんに相談したところ、妊娠線とはまったく違うものだそうです。 正中線と妊娠線は別もの! 私たちの体が母親のお腹の中で作られて成長する過程

続きを読む

妊娠線クリームを塗るタイミングっていつ?

妊娠線クリームを塗るタイミングでベストなタイミングは、お風呂上りです。お風呂上りは着替える前で裸になっていて、クリームを塗りやすいベストなタイミングでもありますし、肌の状態から見てもちょうど良いタイミングなのです。 お風呂上りでタオルドライしたあとの肌の状態をじっくりと観察してみられたことはありますか。顔や体、どちらでもよいのですが、一度お風呂に入る前の肌と比べてみてください。お風呂上りには、肌

続きを読む

妊娠線クリームの効果を最大限に引き出す方法って?

妊娠線クリームを使う目的は、伸びている肌に潤いを与えて柔らかい状態を保ち、妊娠線を防ぐことですね。そのためにお金を出して買うわけですから、買って、ただ塗っているだけではもったいないです。せっかく買った妊娠線クリームの効果を目一杯引きだしてあげて、妊娠線をしっかりと防いでいきましょうね。 妊娠線クリームを一日最低2回塗る! 効果的な塗り方としては、「一日最低2回は塗る」ということをお勧めします。

続きを読む

妊娠線クリームどうやって選ぶ?

妊娠線を予防するクリームはたくさんの種類が売られていて、どれを選べばよいのか迷うところです。当然ですが、人の体の状態は個人個人に差があって、あの人に効いたから私にも効く!という万能の商品はありませんが、妊娠線予防のためには、皮膚に潤いを与え、肌を柔らかくする効果の高いものをしっかりとチェックして選びましょう。 妊娠線クリームがお肌に優しいか? 妊娠線クリームの選び方ですが、最初に考えたいのは、

続きを読む

妊娠線クリームはお腹以外に使っても大丈夫?

妊娠線というと、お腹に出来てしまうイメージがありますが、実はバストや太ももなどに妊娠線ができる人も多いのです。妊娠線ができるのは、急激に大きくなったお腹の皮膚が、ギューッと外側に引っ張られるため、ちぎれてしまうからです。皮膚がちぎれるといっても、表側の皮膚(表皮)は柔軟で良く伸びるので、お腹の大きさに合わせて伸びていきます。だから妊娠線が出来ても出血はしません。 しかし、その内側の真皮と呼ばれる

続きを読む

妊娠線ケアの種類をご紹介!

妊娠してお腹が大きくなり、お腹が大きくなるスピードにお腹の皮膚がついていかず、皮膚に亀裂が入って出来てしまう妊娠線。妊娠線は出来る人と出来ない人がいます。出産後も妊娠線は長く残って目立ってしまいます。できれば妊娠線はできない方が良いですよね。妊娠線予防のケアを怠らなければ、ある程度は予防できるものです。 また、妊娠線予防のケアを頑張っていると、もし妊娠線が出来てしまったとしてもあまり重症化はしな

続きを読む