妊娠線ケアは毎日しないといけないの?

妊娠しているということがわかったときには妊娠線ケアを行って痕を残してしまわないようにしたいというのは女性なら誰もが思うことでしょう。 しかし、妊娠中に胎児のことだけでなく自分のことにも気を払っていかなければならないのは大変なことであり、毎日行っていけるのかが不安になる人もいるはずです。 どのようなケアを行わなければならないのかということを知ると共に、毎日行う必要があるのかどうかを理解しておくこ

続きを読む

妊娠線ケアの種類にはどんなものがあるの?

妊娠線ケアの種類は主に三種類あります! オイル・クリーム・ローションです。 そもそも、妊娠線とは何故できるかご存知でしょうか? 皮膚は三層にわかれていて、妊娠で急激にお腹が大きくなることから伸びやすい層と伸びにくい層が断裂することによって、できてしまいます。 また、妊娠線ができる場所や数は人によって違うみたいです。 一度できてしまうとことがないと言われているので、ぜひ予防しておきたいですね!

続きを読む

妊娠線クリームはどうやって選べば良いの?

妊娠中に妊娠線のケアを怠ってしまうと、産後に痕が残ってしまうためしっかりとケアをする事がとても重要になってきます。 妊娠線を予防するためにも、お腹が膨らむ前の早めのケアが必要です。 しかし妊娠線をケアするためのクリームにはたくさんの種類があり、実際にどれを選んで使用したらいいのか分からない人が多いのではないでしょうか? またどの妊娠線クリームも同じ成分が入っているわけではないので、必ずしも自分の

続きを読む

妊娠線ケアは普通にクリームじゃダメなの?

待望のベビーが体内に宿り、日に日に大きくなっていくお腹。そっと手をあてると新しい命を感じて、幸せいっぱいの毎日ですね。 でも、やっぱり気になるのが妊娠線です。 妊娠線は、一度できてしまえば薄くはなっても完全には消えません。そこで妊娠線をつくらないようにケアが必要になります。 妊娠線ケアといえば、まず保湿クリームを塗ることが思い浮かびます。高価な専用クリームもたくさん販売されていますが、普通の

続きを読む

妊娠線ケアの頻度ってどのぐらい?

赤ちゃんがお腹の中で成長するにつれてお腹が急激に成長するため、皮膚がその伸びるスピードについていけなくなって亀裂が生じるのが妊娠線の主な原因となります。 妊娠線はお腹周りに多く出来ますが、腕や足や胸やお尻などに現れる事も珍しくありません。しかし出来てしまった妊娠線は出産後に綺麗に消す事は難しいため、出産前の綺麗なお腹や腕や足や胸やお尻に戻る事が出来なくなってしまいます。 後々後悔しないためにも

続きを読む

妊娠線ケアに体重管理が必要な理由って!?

妊娠線は妊娠して胎児が育ってくるとできてしまうのを経験する人がしばしばいるものであり、一生残ってしまうことが多いことが知られています。 そのため、妊娠線ケアを行っていくことは女性にとって欠かせないことであり、少しでも妊娠線ができないように努力を重ねていく人は多くなってきているのが現状です。しかし、何もしなくても妊娠線に悩まされることのない人もいるものであり、何か違いがあるのではないかと考える人も

続きを読む

妊娠線を消すなら皮膚科い行くべき?

赤ん坊の誕生という嬉しい出来事と同時に生まれるのが、産後の体型を戻すということです。 出産後は体型が崩れ、とくに妊娠線を気にする女性は多くいます。これを消すには皮膚科へ行くなどさまざまな治療方法があります。 妊娠線とは 赤ちゃんの誕生といのは、女性にとって妊娠・出産という多い事を経て生まれてくるということもあって、うれしいもののひとつです。しかし、出産後には赤ちゃんがおなかに入っていた分の体

続きを読む

妊娠線を消すなら馬油が効果的!?

馬油は皮膚の健康維持や皮膚疾患に対して利用される事が多く、効果を得られる事があります。火傷薬として利用された過去から、皮膚に残る傷跡や妊娠線を消すのに期待する人も多く、実際にそれを体験した人もいます。 根気はいりますが、健やかな肌を手に入れるチャンスとなるでしょう。 馬の油って使えるの? 馬油とは馬の皮下脂肪を原料に作られた動物性の油脂です。一般的な抽出方法は、温めた馬油の蒸気を冷やす事で得

続きを読む

妊娠線予防クリームはお腹だけじゃダメ!出来やすい部位を調査!

妊娠線を予防する効果があるクリームが発売されています。妊娠中の人は、これを使ってお手入れをしているのではないでしょうか。 妊娠線と言えば、大きくなるお腹にできるものと思われていますが、できるのはお腹だけではないんですよね。え!知らなかった!と言う人は、今からでもお腹以外のできやすい場所のお手入れを始めてくださいね。 急激な体重増加にも注意が必要 妊娠線ができやすい部位、1番はやはりお腹です。

続きを読む

赤みを帯びた妊娠線はどうケアする?

妊娠してお腹が大きくなってくると、本来肌も赤ちゃんの成長に合わせて伸びてくるものなのですが、皮膚の奥にある真皮は表皮のように伸びにくいので、どんどん大きくなるお腹の伸びについていけずに亀裂ができるのが妊娠線です。 じわじわと亀裂ができるものなので、ひび割れしたような感じで赤みを帯びた線状斑があらわれてしまいます。見た感じ痛みがありそうなのですが、痛みはありません。痛みよりも痒みの方を強く感じます

続きを読む