白髪染めを使う前にパッチテストが必須の理由とは?

よく白髪染めをする際に必ずパッチテストをしましょうと書かれています。かぶれたことはないから大丈夫と思ってしない人でも、その時の体調などで突然アレルギー反応が出ることもあります。

その中にはアナフィラキシー反応と呼ばれる生命の危機にも関わるものもあります。気道が腫れたり、収縮を起こしたりする怖い症状です。そのほかにも血圧の急激な低下、意識障害なども報告されています。

白髪染めでよく報告されているアレルギーは、ジアミンアレルギーと呼ばれるものです。ジアミンと呼ばれる化学染料が使用されるようになってからいろんな色で染めることができるようになりました。

しかし、このジアミンには有害性があることがわかってきていて問題になっているのです。ジアミンは頭皮から吸収され、かぶれやかゆみ、ヒリヒリした状態が出てくることがあります。そのまま使用し続けると顔が腫れあがったり、呼吸困難になることがあります。少しでも異常を感じたらそれ以上使用はしないでください。

ではジアミンが入っていなければパッチテストはいらないのかというとそうではありません。

化学薬品ではなくても、天然植物や動物に対するアレルギーを持っている人もいます。まれに利尻ヘアカラートリートメントの主成分である昆布が合わないという方もいらっしゃいます。

特に女性は生理中などホルモンバランスが崩れやすい時期にかぶれることもありますので、こういった時期には白髪染め自体避けた方が賢明です。

コメントを残す