妊娠中は赤ちゃんの分まで食べた方が良いはウソ!

妊娠したら、周囲の人達から「お腹の赤ちゃんの分まで食べなきゃだめよ」と言われるようになりますよね。もう一人の命を宿しているのですから、お母さん自身もそう思ってしまいがちです。そして、ついつい食べ過ぎてしまう傾向にあります。 昔は確かにそのように言われていて、お母さんは一生懸命食べていました。しかし、今と昔では食生活が随分と違います。昔は栄養状態も良くありませんでした。 ところが今はどうでしょう

続きを読む

妊娠線クリームが余ったときの活用法!

妊娠した時に、いろんな妊婦グッズや育児グッズをまとめて購入することがあると思います。お腹が大きくなってからは、買い物に出るのも大変ですからね。妊婦グッズで必ず買っておきたいのが、妊娠線予防クリームです。 妊娠線ができてから使ったら良いのではないの?という人もいるようですが、できてしまってからでは遅いですよ。妊娠線予防クリームなのですから、できる前から使って予防しなければいけません。お腹が大きくな

続きを読む

妊娠線予防クリームはお腹だけじゃダメ!出来やすい部位を調査!

妊娠線を予防する効果があるクリームが発売されています。妊娠中の人は、これを使ってお手入れをしているのではないでしょうか。 妊娠線と言えば、大きくなるお腹にできるものと思われていますが、できるのはお腹だけではないんですよね。え!知らなかった!と言う人は、今からでもお腹以外のできやすい場所のお手入れを始めてくださいね。 急激な体重増加にも注意が必要 妊娠線ができやすい部位、1番はやはりお腹です。

続きを読む

シラノール誘導体の効果や効能は?

シラノール誘導体という言葉はご存知でしょうか。ビタミンC誘導体という言葉なら聞いたことがあるけれど、シラノール誘導体はあまり聞き慣れたものではありませんね。 シラノール誘導体ってどんなもので、どのような効果が期待できるのでしょう? シラノール誘導体が真皮にまで潤いを与える! シラノール誘導体は、正式にはアスパラ銀酸メチルシラノールヒドロキシプロリンと言います。なかなか1度聞いたくらいでは覚え

続きを読む

赤みを帯びた妊娠線はどうケアする?

妊娠してお腹が大きくなってくると、本来肌も赤ちゃんの成長に合わせて伸びてくるものなのですが、皮膚の奥にある真皮は表皮のように伸びにくいので、どんどん大きくなるお腹の伸びについていけずに亀裂ができるのが妊娠線です。 じわじわと亀裂ができるものなので、ひび割れしたような感じで赤みを帯びた線状斑があらわれてしまいます。見た感じ痛みがありそうなのですが、痛みはありません。痛みよりも痒みの方を強く感じます

続きを読む

妊娠線の出来やすさに遺伝は関係ある?

妊娠線は、できやすい人とできにくい人に分かれるようです。妊娠すると半分くらいの人は妊娠線ができるものですが、全くできないという人もいます。肌質、体質によって違いがあるようなのですが、妊娠線ができるのは、遺伝であったり体質が大いに関係していると言われているんです。 遺伝要素はあるみたい 妊娠線については、遺伝要素があると言われています。自分の母親に妊娠線ができていれば、自分もできる可能性が高いと

続きを読む

妊娠線が足の付け根にも?妊娠線はどこにできる?

妊娠線は、お腹にだけできるものだと思っていませんか?そう思っている人は多いようですね。もちろんお腹が一番多いのですが、それ以外の場所にもできてしまうんです。 妊娠線っていうくらいだからお腹じゃないの?と考えるのが普通ですが、妊娠線は肉割れとも言い、肥満の人にもできるものなんです。妊娠すると、お腹が大きくなるだけでなく、体重が増えますよね。体全体がボリュームアップするので、お腹以外の場所にできても

続きを読む

妊娠線の予兆?予兆が来る前に正しい予防と対策を!

妊娠線は妊娠後期になると多く出現します。妊娠後期になると誰でもできるのかというとそうではなく、できる人、できない人様々です。しかし、妊婦の半数くらいが妊娠線ができたと言っていますので、たいていの人は妊娠線ができると考えて良いでしょう。 しかし、妊娠線はある日突然できてしまうものではありません。妊娠線ができる予兆というのがありますので、ぜひ意識してもらって予防するようにしたいものです。 かゆい

続きを読む

妊娠線ってエステに通えば治すことはできるの?

妊娠線は、一度できてしまうと時間の経過とともに多少薄くなって目立たなくはなりますが、完全に消えてなくなることはありません。 妊娠線予防のクリームなどを塗ると良いと言われていますが、皮膚の奥深くの真皮まで浸透しないので、できてしまった妊娠線を消すことは難しいようなのです。クリームで予防はできますが、できたものを消すことは難しいんですね。 レーザーもおすすめ! 妊娠線の解消のためにエステに通おう

続きを読む

1人目で妊娠線ができなければ2人目もできない?

妊娠線ができるのは、皮膚が急激に伸ばされてしまうからです。できないようにするためには、肌の保湿や急激な体重の増加などに注意しなければいけません。また、その人の体質(肌質)にもよるようで、できやすい人、できにくい人があるようなんです。 1人目の妊娠で妊娠線ができなかった人は、2人目も大丈夫だろうと思っているようですが、そうではないようですよ。 1人目で妊娠線ができなかったからといって油断は禁物

続きを読む