白髪に普通のカラーリングをしてもダメなの?

普通のカラーリング剤は黒い髪の毛の人のために作られたものなので、白髪に使用してもうまく色が入りません。

間違えて使用した人の中には金髪になってしまったと後悔する方もいるくらいです。もちろん白髪の本数が少ない方なら使用しても問題ありませんが、全体的に白髪が目立つ方はきちんと白髪用を使うべきでしょう。

ヘナカラーというものもありますが、素人には染めるのが難しく、思ったように染まりにくく、時間もかかるといった欠点があります。

以前は髪の毛に優しいものというとヘナという人が多かったのですが、最近ではヘナよりももっと簡単に染められるヘアカラーがあるのでそちらをおすすめしたいと思います。

ルプルプヘアカラートリートメントはアレルギーの原因となるジアミンが入っておらず、他にも刺激となる添加物は使用していません。

そのため中学生のお子さんの地肌や髪の毛をケアしながら白髪染めができるため自信をもっておすすめできます。合成着色料を使用していないため、染まり方もとても自然なので学校で注意されることもないでしょう。

ただ、お子さんが以前美容院や別の白髪染めを使った経験があるのであれば、すぐに使用せずに少し間隔をあけた方がいいです。なぜなら前の染料と混ざって髪の毛が緑になってしまうことがまれにあるからです。

 

コメントを残す